5月6日(情熱大陸)

スポンサーリンク

 

先週の日曜日に放映された情熱大陸「動物彫刻家・はしもとみお」を先ほど見たのですが、素晴らしい回でしたね。美術がからっきしダメな僕からすれば、チェーンソーを使って大木から動物を切り出すなんて魔法にしか見えません。終始感嘆しきりでした。そして飼っている犬のかわいいことかわいいこと。冒頭で自分の彫刻群の中心に座ってるシーンなんてニヤつかない人間はいませんよ。

そして彼女自身も実に印象深い人で、話ぶりは穏やかながら、しかし強い意志を宿した目元がとても魅力的な人ですね。ラストもまた非常に感動的で、思わず涙ぐんでしまいました。こんなに色々詰まってる回もなかなかないので、もし見てない方は是非見逃し放送をご覧ください。9日まで無料です。

 

で、本題はもう一つあって、それはこの回の冒頭にかかっている音楽です。これは2000年に発売されたドリームキャストのゲーム「ナップルテール」のサウンドトラックなんですね。作曲者は菅野よう子、彼女の仕事の中でもゲームのサントラは数少ないのですが、これは本当に名作中の名作です。僕の持っているゲームサントラの中でも家宝級ですね。

菅野よう子お気に入りの歌手といえばまず挙がるのが坂本真綾で、アニメなんかでも実に多くの主題歌で彼女と一緒に仕事をしていますが、このナップルテールでも同様です。ゲームサントラにしては珍しく、1分未満の歌モノが多く使われているのも特徴的ですね。オープニングムービーが見つかったのでまずはこちらをどうぞ。

 

しっぽのうた

 

なんという名曲。こんなにも坂本真綾の歌声にピタっとハマる曲を書けるなんて、驚くほかありません。同時に鳴らしている音数は全然多くないのにとても充実した音響作り、これぞ菅野よう子の魔法ですね。大変勉強になります。

僕の実家にはシーマンのために買ったドリームキャストが眠っているので、日本に帰国したら実機でプレイしてみたいものですね。親が処分していなければ。この他にも数珠の名曲揃いのサントラなので、ゲーム自体に興味がなくても強くお薦めしたい一枚、いや二枚です。

 

Napple Tale 妖精図鑑

 

 

Napple Tale 怪獣図鑑