1月18日

昼前に起きて、授業の聞き直しをしつつも割とダラダラと過ごしてしまいました。いかんいかん。あっという間に週末の貴重な時間は無くなってしまいますからね、有意義に過ごさないと… 夜はコンサートに出かけ、帰宅したらもう0時前でした。

 

「お前さては冷凍食品とケバブしか食ってねーんだろ」と思われそうですが、そんなことはありません。ケバブもこちらに来てから昨日でまだ2回目ですし、冷凍庫も小さいので沢山ストックすることは出来ません。なので普段何を食べてるのかと言えば、一番多いのはこのパターンです。

ちょっと暗いですが、ごはんとサラダとハンバーグです。ドレッシングは自作のもので、ハンバーグもニンニクを添えてます。

こちらに来て驚いたのは、肉があまり安くないんですよね。日本だと多分どこでも鶏肉が一番安いと思いますが、パリは肉の種類でそれほど値段に差がないんです。鶏・豚・牛全部が割と高め。100gあたり150〜300円くらいで、BIOだともっと高いです。日本ではいつも安い鶏むねをよく食べてましたが、こっちに来たら全然安くなくてガッカリでした。一応鶏の手羽元なんかは安いですが、骨を除いたら結局あまり変わらないと思います。

そこで登場した救世主がこのハンバーグですよ。成形された普通のハンバーグも比較的安いですが、冷凍ハンバーグはもっと安い。10個入りで6ユーロ、これを1食で2個ずつ食べてます。
「結局冷凍食品じゃねーか!」
まあそうなんですが、あまりに値段が違うので仕方ないんです…(楽ちんだし)

 

これだったらそれなりにバランスも取れてるでしょうと言うことで、今のところ一番頻繁に食べてるメニューの紹介でした。いやー肉が安いなら料理も頑張っちゃうんだけどなー(目そらし口笛)