4月12日(モンマルトル偵察)

スポンサーリンク

昨日の13日夜に大統領の談話があり、5月11日までの外出禁止令延長が発表されました。まあこれは当然ですし現状を見る限り更なる延長の可能性も十分にあります。コンサート関係は今シーズン(6月末まで)は全て中止。学校は高校以下は順次再開予定となっていますが、音楽院などはおそらくこのまま夏休みまで再開されなさそうな感じです。

 

さて、一昨日の日曜日は天気が良くて気温も高かったので散歩に出かけました。前回の日記でランニング民が多くて大丈夫かなんてことを書いたら即日昼間のランニング禁止令が出されました。そりゃそうだ。まあ守ってない人もいるとはいえ、あの日に比べれば相当人数は減りましたよ。やはり法的拘束力ってのは強いですね。

で、今回はちょっとモンマルトルまで行ってきました。去年の8月に行ったときの記事があるので、それと比較すると平時との違いがよくわかるでしょう。

8月21日(モンマルトル散歩)
いやー甲子園面白かったですね。決勝戦はネットのニュースを一切遮断して、結果を知らないまま熱闘甲子園のハイライトで見たのですが、それでも結構どきどきしながら楽しめました。去年もこの時期は講習会で南仏にいたので金足農業のフィーバーをハイライト映...

 

昼の14時前に出発。ロンT1枚で十分なくらい暖かいです。

 

 

名物の風車が見えます。

 

 

 

バスは平常通り動いています。すれ違ったときは無人でしたけどね。

 

 

サクレクールの裏手、一番賑わうお土産屋さんの通りです。近隣の住民が多少歩いているだけですね。

 

 

 

普段は絵描きと観光客でひしめいている広場。枯れ木がなおのこと寂しさを際立たせています。

 

 

サクレクール前。やはり天気が良いので多少は人が集まっています。

 

 

 

階段もガラガラです。

 

 

下からの入り口は封鎖されているので、こちらは本当に人がいません。

 

 

 

お店は全て閉まっていますが、建物の中からはパーティーをやってるような声が響いています。まあそこまで押さえつけることは無理ですね。

 

 

雲行きが怪しくなってきたので降ります。

 

 

 

ロシアのジェット消毒ではなくただの水だとは思いますが、昼間のこんな時間に清掃ができるほど人通りは少ないです。

 

 

魚屋さんは営業中。お客さんは完全防備ですね。鮭の切り身が100g4ユーロですって。北海道民の僕からするととても買う気にはなれません。

 

 

 

急に雨が降ってきて濡れながら帰る羽目になりました。モンマルトルの現状はこんな感じです。

2ヶ月前に世界中がこんな状態になると予測できた人はほとんどいなかったでしょう。世界が急変するのに時間なんてかからないのだなとつくづく思い知らされます。

 

テレ東が世界中の空撮映像をアップしているので紹介しておきます。

空から見る「人が消えた」世界 コロナ影響のリアル